TOP >> 文殊の森ナビ >> 詳細

望郷の展望台 だも

もとまる

山口城や祐向山城と共に尾根続きにある法林寺城。この三城が一枚岩となり濃尾平野に向かって大きな防御壁となっていた。山口城からの道中には、敵の侵入を阻むため尾根を垂直に切る堀切の跡も残っている。この先にある祐向山城は、鎌倉時代 祐向寺という大きな寺であった。当時の僧侶が大垣市の円興寺へ修行に行っている間に亡くなったことや、各務原市の窯跡から祐向寺のためにつくられた山皿が見つかるなど、地域との繋がりを感じるエピソードもある。そんな歴史を感じながら、展望台からの眺めを楽しもう!

イメージ画像 イメージ画像