TOP >> 文殊の森ナビ >> 詳細

山口城 城下町 だも

もとまる

戦国時代から江戸時代にかけて、城主に仕えた家臣団の家が昔のままの地割で残る山口の城下町。現在も板塀で囲まれ茶室を備えたお屋敷や根尾街道の先を示す二つの道標などが残っており、当時の趣を感じることができる。街道近くにある祐国寺は一時期、古田家との関係を伏せるため寺の門扉に二つの家紋を付けていたという。また街道先には饅頭屋の看板が今なお掲げられているなど、当時の情緒を感じる隠れスポットを見つけながら散策するのも楽しみの一つ。昔の町並みを眺めながらのんびり歩いてみよう!

イメージ画像 イメージ画像